〜家族の笑顔はママの笑顔から〜をモットーに常時ごキゲンな自分でいられるヒントを発信中♡
病気

コウノトリは忘れた頃やってくる?人工授精で妊娠した時の話

こんにちは!都内営業職・一児の母でワーママのまどかです。

今実は体外受精の治療真っ只中なのですが、長男を妊娠した時の話を思い出し噛み締めながら綴りたいと思います。

 

生理不順とその原因






いつからだろう?
多分、大学生くらいの頃から生理不順でした。

ですが若い頃はむしろ「子供なんていらん!邪魔なだけ!」
と思っていましたから(マジな話^_^;)、全く気になりませんでした。
自分が子を持つとも思っていませんでしたから(30歳くらいまで)。

しかしなぜ不順になってしまったか。思い返してみると、考えられる原因があります。それは…

 

無理なダイエット

当然の話ですが”無理なダイエットをするとホルモンバランスが崩れる”ことは有名です。

私はまさに学生時代(と結婚の少し前の頃)、ダイエットにより身体に負担を掛けてしまいました。

のちの自分の身体に多いに影響が出ることは容易に想像できるでしょう。
しかし、当時はその時さえ良ければいいという浅はかな考えで(未だに浅はかなところは直っていないがw)、後先考えずに無理をしていました。
実際、「糖質カット」を指導するダイエット整体に通っていたことがありますが、その時に体脂肪率が17%になった辺りで生理が止まりました。

いよいよヤバイと思いましたね。

 

生理周期は30〜35日

どのくらい不順だったかというと、生理周期は30〜35日、ひどい時は40日なんてことも。

また、ひと月分生理が来ずそのまま過ぎてしまうなんてことも1度や2度ではありませんでした。

 

排卵までが長い

一般的に、排卵から生理までは14日間と言われています。
この日数は、不順な人であっても大体例外なくみんなこの位になるそうです。

つまり、周期から逆算すると、私は排卵までに約18〜26日くらい掛かることになります。

妊娠できるチャンスは普通の方で1年に12回ありません。なのに、私は1カ月半かかるので、その分チャンスが少ないという、損な体質なのです😭

 

 

タイミング指導・クロミッドも経験






書籍※でもカミングアウトしている通り、私は「子宮内膜症」持ち。
なので、経過観察のため27〜8歳の頃から定期的に産婦人科へは通っていました。

書籍の件👇

とある都立病院の産婦人科なんですが、とてもいい先生(この先生には今も病状の経過観察のため定期的に診てもらっています)。

子宮内膜症患者に有効な内服薬

で、結婚後は、折角だしということで、通いがてらタイミング指導もついでに(?)してもらっていたんです。
その際、周期が長すぎるので”クロミッド”という排卵誘発剤を処方してもらうことでタイミングの成功率を上げやすくしました。

 

弱いエストロゲン作用を持つお薬で、視床下部で卵巣から分泌されているエストロゲンの作用を押さえて、視床下部から出ているGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)および下垂体から分泌されているFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の分泌を促進して排卵を促す作用を持っています。
http://kiba-park.jp/infertility04s/details4-1/
「木場公園クリニック」HPより

 

”約4年前から薬での治療が始まり、その間で10キロ増加しました…”
「ベビカム」より
www.babycome.ne.jp

 

 

卵胞チェックがストレス

ところが、タイミングを数回行ってもかすりませんでした。

卵胞チェックのための通院も決して楽なものではなく、基礎体温をもとに大まかな予想をつけますが、予想よりも成長が遅いとその分また通わなければいけない。
これが結構大変で。

更にクロミッドは副作用が強く、”太りやすくなる”ことでも有名な薬。例に漏れず私もこの作用により(元々?w)、食欲が増す・イライラし易くなるなどの症状が。辛かったです。

頻繁に通院&薬の副作用&妊娠しないの三重苦で、しんどいな〜と感じ始めた辺りで、見かねた先生が専門のクリニックに行ってはどうかと勧め、紹介して下さったのです。

 

 

人工授精前〜妊娠確定まで






それでは、先生に紹介してもらったクリニックでの治療と妊娠するまでを時系列で解説しますね😄

人工授精実施のタイミング

不妊治療をしていた頃は周期が多少は改善されていて、排卵までの日数は16〜18日間でした。
従って、人工授精は周期16日目の排卵日2、3日前というスケジュールを組むことに。

周期16日目に実施→高温期16日目で陽性反応

最後の生理周期は33日。

・D1
10月22〜27日まで生理 ←この生理の間に子宮卵管造影実施

・D12  11月2日
仲良し(医師からの指示)

・D16  11月6日
人工授精&仲良し(医師からの指示)

・D20  11月10日
体温上昇 36.75℃

・D21〜24  11月11〜14日
一時的に体温下がり36.5から36.6℃辺りをウロウロ

・D25  11月15日
36.80℃に急上昇

・D26〜34 11月16〜24日
36.70℃〜26.80℃台辺りをウロウロし、高温を維持

・D25   11月25日
妊娠検査薬 陽性チェックワンファストにて

当時、早朝にランニングをしてから出社していたんですが、この日はラン後から体調が優れず、風邪かな?と思い会社を休んでいたんです。
で、ふと、生理がまだ来ていないことを思い出し
基礎体温表を見ると予定日を2日過ぎていました。

今でも忘れないです、千石駅前の交差点にあるぱぱすで買いました、検査薬w

クリニックに電話したんですが、まだ判定出たばかりなので2日後に来るようにと言われました。

 

※陽性の妊娠検査薬出ますので、不快な方はご注意ください
👇

・D27   11月27日
クリニックにて陽性確認。

以上が人工授精から妊娠判明までの流れです。
人工授精をした際に筋肉注射も打つので、かなり高確率でその直後に排卵をするようです。

 

基礎体温

ここだけの話、妊活をきちんと始めるまでは「基礎体温てなに?美味しいの?」というくらい全く知識がありませんでした。

でもやっぱり基礎体温表付けないとですね。
妊活のためだけではなく、”自分の体を把握する”という広い意味で重要です。いかにメリットと考えることを挙げてみます。

基礎体温を記録するメリット

・生理周期を把握できる
・予定を立てるときに役立つ
・メンタルが不安定な理由が明確になるので安心する
・危険日を把握できる(家族計画に役立つ)
・ある程度自力で妊活ができる

 

妊娠した時の基礎体温表

以下添付しますので、あなたの参考になれば嬉しいです。

 

妊娠周期の頃にやっていた・起こった出来事






当時は特に意識していませんでしたが、後になって振り返ってみると、こんなことやこんなじょとがあったなーと思い出した事が幾つかありました。

 

自分が取り組んでいたこと

👉家を買おうという話になり、具体的に物件巡りをし、そちらに夢中だった
👉早朝ランニングをしていた(2、3日に1回)
(ダイエット後にリバウンドしてしまい、それを戻そうと必死だった)
👉ライブ(バンドでボーカルやってた)が近かった為、バンドの練習に勤しんでいた
👉久々に会った母に「なんか優しい表情になったね」と突然言われ

気持ちが一旦違うことに逸れていてたので、それが良かったのかもしれません^^
1番印象深いのは、「家を買うことに夢中で妊活のことはすっかり忘れてた」こと。

また、この家購入を巡り、私の両親に一度こっちに来てもらい、検討中の物件を一緒に見てもらった経緯があります。
その時に、まさに母に上記の言葉を掛けられたんです。あまりこれは関係ないかもしれませんが^^;

 

さいごに






如何でしたか?
記事を書いていてつくづく感じたのですが、よく
”忘れた頃にコウノトリが来てくれる”とか迷信で言うじゃないですか。

これ、あながち嘘じゃないなと思いました。

実際私も、既述の通り、物件探し&ランニング(痩せること)&ライブ活動に勤しんでおり、”すっかり意識がそっちに向いていた”時でしたから。

気が逸れてる時に妊娠する、というのは私にも当てはまりました。
本当に本当にすっかり忘れてましたから。

冒頭で伝えましたが、今現在も妊活真っ最中。
きっとブログ活動がもっともっと楽しくなって、四六時中そのことに夢中になったら、その頃に発覚…なんてことになるんではないかと妄想しております(笑)。

この記事を読んでいるあなたの元にも、私の元にもきっとコウノトリ(赤ちゃん)は来ますから😄
安心して、違うことでもして待ちましょ♡

今日もお読み頂き、ありがとうございました。